【家.com】 > 家.com株式会社のブログ記事一覧 > インターネット対応物件と完備物件の違いとは?

インターネット対応物件と完備物件の違いとは?

≪ 前へ|部屋探しにおいて重視したい条件とはなにか?   記事一覧   部屋探しにおいて重視したい条件とはなにか?|次へ ≫

インターネット対応物件と完備物件の違いとは?

今回は賃貸物件における、インターネット「対応」と「完備」の表記についてご説明していきます。
どのような違いがあるのか確認していきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

インターネット対応と完備の違いとは?

物件情報にかかれているインターネット「対応」と「完備」はどのような違いがあるのでしょうか。

インターネット対応とは

まず「対応」とは、通信回線の種類を問わず、建物の共有スペースまでの回線が開通している状態の物件です。
これはすぐにネットが使えるわけではなく、準備が必要になります。
やらないといけないのは簡易的な工事と、プロパイダ契約です。
まったく通信環境が整備されていない状態の物件よりは、安く簡単にネットが使える点でメリットです。
プロパイダ契約は、おすすめのプロパイダを管理会社などから提案されることもあったり、好きなプロパイダを選べたりします。
そのため引っ越し後に時間がとれて、自分でプロパイダを選びたい方にはおすすめです。

インターネット完備とは

「完備」の場合、ネット回線やプロパイダ契約などがすでに済まされており、入居後すぐにネット利用ができる物件です。
部屋にLANケーブルを接続できる端子などがあり、パソコンなどもすぐに使えます。
契約などが不要なのと、利用も無料な場合が多いのもメリットです。
そのため時間やお金をかけたくない人や、引っ越してすぐにネットが必要な人にはおすすめになります。

インターネット対応と完備物件の工事について

それぞれの工事についてみていきましょう。

インターネット対応の場合

「対応」の場合は、自室までの回線を引く工事になります。
まずは工事の申し込みを、各業者の公式ホームページや家電量販店などからおこないましょう。
契約内容を確認したら、業者と日程をすり合わせて開通工事をすれば完了です。
注意点として、引っ越しが多い春の時期などは日数がかかる場合があります。
また月額費用以外に、初期費用が必要になるでしょう。

インターネット完備の場合

基本的に工事は必要ありません。
ただし場合によっては通信速度が遅い場合あり、自分で契約しようと考え直す方もいるようです。
その場合、物件によって契約できる回線が決まっている場合もあるため、事前に管理会社などへの確認が必要になります。
結果的に金銭負担が増える可能性もあるため、よく検討するほうがよいでしょう。

必見|家具・家電付きの賃貸物件特集!

まとめ

インターネット対応と完備物件についてご紹介しました。
両方の特徴を踏まえた上で、検討してみてくださいね。
中野・東中野エリアでの賃貸物件探しは家.comお任せください。
1人暮らしの方におすすめの物件を多数ご案内しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|部屋探しにおいて重視したい条件とはなにか?   記事一覧   部屋探しにおいて重視したい条件とはなにか?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る